[PR] 株式情報
『クリーピー 偽りの隣人』
あの人、
お父さんじゃありません。
全然知らない人です。



未解決の一家失踪事件×奇妙な隣人家族
犯罪心理学者が迷い込んだ2つの《謎》








第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕のベストセラー小説「クリーピー」の実写映画化。奇妙な隣人により平穏な日常が悪夢に変わっていく夫婦の姿を映し出すサイコ・サスペンス。


ある事件がきっかけで刑事を辞め大学で犯罪心理学を教える高倉は、かつての同僚の野上から6年前に起きた未解決の一家失踪事件の分析を依頼される。唯一の生き残りである長女の早紀の記憶の糸をたぐっても、依然事件の真相にはたどり着けずにいた。そんな折、新居に引っ越した高倉と妻は、どこか捉えどころがない隣人の西野に何やら違和感を抱いていた。そしてある日、西野の娘・澪が駆け込んできて、「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」と打ち明けるのだった・・・



引越した先の隣人の奇妙な行動に振り回され平穏な日常が悪夢に変わっていく。そんな恐怖と、6年前に起こった一家失踪事件の解明、そして謎を解明していく過程で明らかになっていく真実を描いている。タイトルになっている「クリーピー」とは、身の毛のよだつような、気持ちの悪いといった意味だ。人がよさそうだがときより奇妙な発言をする隣人・西野の姿はまさにクリーピー。サスペンスというよりホラーのような展開で背中にゾクッと怖さが走る。近年は昭和時代とは違い近所付き合いなどあまりなので、現実的なことを考えるとその恐怖も倍増する。しかし、サイコパスな人間の恐怖以外の描写に粗さが目立ち謎が残ってしまっている。西野の洗脳等は魔法でも使っているのかと思ってしまう。西野親子役の香川照之、藤野涼子の怪演がよかっただけに、観終えてなにか消化不良な気持ちで残念だった。


評価:がんばろう

監督:黒沢清
原作:前川裕「クリーピー」
出演:西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之、藤野涼子、戸田昌宏、馬場徹、最所美咲、笹野高史・・・他
製作国:日本
配給:松竹、アスミック・エース

【クリーピー 偽りの隣人】
http://creepy.asmik-ace.co.jp/

評価・紹介No.:2016-118
スポンサーサイト
【2016/06/24 02:50】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する