[PR] 株式情報
『日本で一番悪い奴ら』
日本警察史上、最大の不祥事。
ヤツらは何をしたのか?








元北海道警察の警部だった稲葉圭昭氏の告白本「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」の実写映画化。


大学時代に馴らした柔道の腕前を買われて北海道警察の刑事となった諸星は、強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井から「S(スパイ)をつくれ」と教えられ、「S」を率いて規格外のヤバすぎる捜査に乗り出す。やがて、道警のエースへとのしあがり、実績を残していく諸星だったが・・・



日本警察史上最大の不祥事として、2002年に発覚した北海道警察の警部が覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で逮捕され有罪判決を受けた「稲葉事件」。その事件の張本人である稲葉圭昭氏が出所後に書き下ろした告白本「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」をもとに映画化した犯罪実話ドラマだ。正義感あふれる若い刑事が、先輩の助言をきっかけに、悪の道に踏み込んでいく姿をコメディタッチで描いている。出世するには点数稼ぎだと教えられ、暴力団幹部、麻薬の運び屋、盗難車のバイヤーをS(スパイ)にし、覚せい剤の密売、拳銃の購入等々あらゆる悪事に手を染めていく諸星だが、正義感が強いが故に悪の道へと染まっていく姿は滑稽だが悲しさを感じてしまう。クライム・ノンフィクションではなく、コメディドラマとして描かれているのも警察に対する風刺としておもしろい。2005年に「ポチの告白」という警察組織の腐敗をテーマにした映画が公開されたが、警察のタブーを描いた両作品を見比べてみるのもおもしろいのではないだろうか。


評価:大変よくできました

監督:白石和彌
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」
出演:綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、矢吹春奈、瀧内公美、田中隆三、みのすけ、中村倫也、勝矢、斎藤歩、白石糸、松岡依都美、青木崇高、木下隆行(TKO)、音尾琢真、ピエール瀧、中村獅童・・・他
製作国:日本
配給:東映、日活

【日本で一番悪い奴ら】
http://www.nichiwaru.com/

評価・紹介No.:2016-122
スポンサーサイト
【2016/06/29 03:14】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する