[PR] 株式情報
『ウォークラフト』
それは生きるための選択。


数多の種族を巻き込んだ
闘争と絆。
この世界を統べる者は果たして──








ブリザード・エンターテイメント社のコンピューターゲーム「ウォークラフト」の実写映画化。


長い間平和な時代が続いていたアゼロスに、滅びゆく故郷を捨て、新たなる定住地を求めるオークの戦士たちが迫っていた。人間たちはアゼロスを守るために強力な魔力を持つ守護者(ガーディアン)メディヴの力を借り、オークとの全面戦争を決意する。しかし、アゼロスの騎士ローサーは互いに協力して戦争を回避する道を模索していく。一方、人間との戦いに疑問を持っている一人のオーク、デュロタンも争いを避けるためある決断を下すのだった・・・



原案は世界的に大人気のブリザード・エンターテイメント社のコンピューターゲームで、剣と魔法の世界を舞台に、人間、オーク、ドワーフ、エルフといったいくつもの種族が、国や一族、そして愛する人を守るために生死をかけた決断に迫られるといったストーリーだ。ファンタジックな映像、クリーチャー系キャラクターや巨大な生物等々、映像としてはコンピューターゲームの世界をそのまま飛び出した感じだ。ただ、シリーズ化を見越した序章的なストーリーで謎が多く起こりモヤモヤ感が残ってしまうのは残念だ。半実写、半CGとして作られているが、観終えてオールCG化として映画化したほうがよかったのではと思えてしまった。


評価:よくできました

原題:Warcraft
監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:トラヴィス・フィメル、ポーラ・パットン、ベン・フォスター、ドミニク・クーパー、トビー・ケベル、ベン・シュネッツァー、ロブ・カジンスキー、ダニエル・ウー、クランシー・ブラウン、ルース・ネッガ、カラム・キース・レニー、テリー・ノタリー、マイケル・アダムスウェイト、アンナ・ギャルヴィン、バークリー・ダフィールド、ディーン・レッドマン、ライアン・ロビンズ、マッケンジー・グレイ・・・他
製作国:アメリカ
配給:東宝東和

【ウォークラフト】
http://warcraft-movie.jp/

評価・紹介No.:2016-131
スポンサーサイト
【2016/07/11 02:48】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する