[PR] 株式情報
『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』
裏切らねえのが、ケーサツだろ?


生きるか?捕まるか?
ギリギリな密入国者たちの裏社会エンターテインメント!








リチャード・ウーとすぎむらしんいちの原作コミックの実写映画化。密入国者たちを守るために作り上げた秘密組織“裏都庁”の警察組織で働く警官が、誘拐殺人事件をめぐりアジア人犯罪組織を追い詰めるクライム・サスペンス。


密入国異邦人・不法就労外国人を守るために組織された裏都庁。そんなある日、裏都民のマリアが誘拐され殺害される。裏警察の久保塚は相棒の鈴木と共に捜査に乗り出す。アジア人犯罪組織「ダーティイエローボーイズ」の周と林が犯人であることを突き止めた久保塚は、彼らを追って各地にある地下教会を片っ端から捜査するのだった・・・



リチャード・ウーとすぎむらしんいちの原作コミックで、テレビドラマとして放送された「ディアスポリス 異邦警察」の劇場版だ。密入国をして東京に住んでいる密入国異邦人、不法就労外国人たちを守るために組織され裏銀行、裏病院、裏警察がある裏都庁。近未来世界のような設定はなかなかおもしろい。劇場版のストーリーは、殺害された裏都民の犯人を追いながら、その犯人たちも違法外国人であるということから彼らを守ろうとする異邦警察署長の奮闘を描いている。犯人の周と林がクレージーになってしまった過去には切ない気持ちになってしまうが、ただ追いかけっこしているだけなのはおもしろさにかけてしまう。また、東京を飛び出して犯人を追うことで、裏都庁という設定がまったく活きてきていない。周役の須賀健太の怪演や、宇野祥平と安藤サクラの夫婦漫才の笑いなど、良いところもあっただけに残念に思う。冒頭に説明があるのでテレビドラマ未見でも話にはついていけりが、とりあえずドラマ版を見てからの観賞をオススメしたい。


評価:がんばろう

監督:熊切和嘉
原作:リチャード・ウー、すぎむらしんいち「ディアスポリス 異邦警察」
出演:松田翔太、浜野謙太、須賀健太、NOZOMU、OMSB、木原勝利、宇野祥平、政岡泰志、康芳夫、安藤サクラ、柳沢慎吾、眞木蔵人・・・他
製作国:日本
配給:東映

【ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS】
http://www.dias-police.jp/

評価・紹介No.:2016-160
スポンサーサイト
【2016/09/12 03:23】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する