[PR] 株式情報
『真田十勇士』
不可能に、挑め。


徳川軍二十万VS十勇士、時代を変える“大逆転”がいま、始まる!







マキノノゾミの脚本、堤幸彦の演出により2014年に上演されたヒットした舞台「真田十勇士」の実写映画化。


関ヶ原の戦いから14年、天下統一目前の徳川家康と復権を狙う豊臣家の対立が深まっていた。そんな中、天下の名将としてその名を世に轟かせていた真田幸村は、猿飛佐助と出会う。ところが幸村が幸運だけで勝利を収めた腰抜け男と知った佐助は、自分の嘘とハッタリで幸村を本物の天下一の武将に仕立てあげることを決意し、霧隠才蔵を筆頭とした9人の勇士を集め「真田十勇士」を誕生させる。亡き秀吉の妻・淀殿に呼び寄せられた幸村は、徳川との戦いの最前線に立つことになる・・・



関ヶ原の合戦後の大坂冬の陣と大坂夏の陣を舞台に、戦国一の名匠である真田幸村は実はヘタレな男で、猿飛佐助ら真田十勇士が幸村を本物の武将に仕立てあげるために活躍するという歴史エンタテインメントだ。ヘタレな幸村を陰から知恵を貸すが、行き当たりばったりで事を進めてしまう佐助や十勇士がコミカルで楽しめる。佐助や才蔵が飛び回るアクションや徳川軍VS真田軍の合戦模様は手に汗握り、佐助らにより幸村が真の武将へと変わっていく過程は勇気が湧きてくる。アニメ映像、アクション、コミカル描写、そしてチョッピリシリアスな内容は堤ワールド全開だ。舞台と映画の良さも引き出されていたのではないだろうか。エンドロールでその後の真田十勇士が語られるのだが、続編として映像化してもらいたいものだ。現在、舞台も上映されているので、舞台のほうも観劇してみてはどうだろうか。


評価:よくできました

監督:堤幸彦
出演:中村勘九郎、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、石垣佑磨、加藤和樹、伊武雅刀、佐藤二朗、野添義弘、松平健、加藤雅也、大竹しのぶ・・・他
製作国:日本
配給:松竹、日活

【真田十勇士】
http://sanada10braves.jp/

評価・紹介No.:2016-170
スポンサーサイト
【2016/09/28 03:47】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する