[PR] 株式情報
『ハドソン川の奇跡』
155人の命を救い、
容疑者になった男。








2009年にアメリカで実際に起こった航空機事故の奇跡からの生還とその顛末を描いた実話ドラマ。


2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850メートルで155名を乗せた旅客機を突如襲った全エンジン停止事故。近くの空港に着陸するよう管制塔から指示がある中、機長のサリーはそれを不可と判断し、ハドソン川への不時着を決断し、乗客乗員全員生存という奇跡の生還劇を成し遂げる。国民的英雄として称賛されるサリーだったが、その判断に思わぬ疑惑を掛けられてしまうのだった・・・



2009年1月15日、155名の乗員乗客を乗せた旅客機がトラブルによりハドソン川に着陸し、奇跡的に全員無事だった「ハドソン川の奇跡」と呼ばれる航空機事故。奇跡的な生還劇と、そのあとに機長に掛けられた疑惑について描かれた実話ドラマだ。ハドソン川に不時着した事故についてはニュースとして報道されたが、そのあとに掛けられた疑惑についてはあまり知られていないのではないだろうか。乗客の命を救い奇跡の英雄となった機長が、一夜にして容疑者となり事故調査委員の厳しい追及を受ける。川に不時着したことへの判断に対す是非、管制塔からの指示に従った場合のシュミレーション。厳しい追及に対し、自身の経験、シュミレーションでは想定されない緊急時の判断等、凛として答えた機長の姿に奇跡の着水時とは違う感動が心の中を走り抜けた。エンドロールでは航空機の移送完了パーティーに招待されたサリー機長をはじめとした元乗員と乗客の姿が流れ、再度感動した。派手さはないがイーストウッド監督らしい心に響く作品だ。


評価:大変よくできました

原題:Sully
監督:クリント・イーストウッド
原作:チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー、ジェフリー・ザスロー
出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、アンナ・ガン、オータム・リーサー、ホルト・マッキャラニー、マイク・オマリー、ジェイミー・シェリダン、ジェリー・フェレーラ、モリー・ヘイガン、ヴァレリー・マハフェイ・・・他
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース

【ハドソン川の奇跡】
http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/

評価・紹介No.:2016-171
スポンサーサイト
【2016/09/29 03:13】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する