[PR] 株式情報
『メカニック:ワールドミッション』
“完璧な殺し屋(メカニック)”伝説の
完璧な“最後”



傑作アクション『メカニック』の続編!
今度のミッションは、成功率0.001%、完遂しても待つのは死──。








スキルと自脳と肉体を駆使して、完璧な暗殺をする"メカニック"と呼ばれる殺し屋の姿を描いたサスペンス・アクションの続編。


殺し屋稼業から足を洗い、ブラジルのリオで平穏に暮らしていたビショップのもとに、幼少期に暗殺者として一緒に育てられビショップを裏切り姿を消したままでいた兄弟子のクレインから暗殺の依頼が入る。依頼を断ったビショップだが、クレインに人質を取られやむなく依頼を受けることに。それは、武器商人として世界を裏で操る3人の超大物フィクサーを暗殺するという危険で困難なミッションだった・・・



1972年のチャールズ・ブロンソン主演のアクションを2011年にジェイソン・ステイサム主演でリメイクした「メカニック」の続編。幼少期に一緒に育てられ主人公を裏切った男から依頼された危険で困難なミッションと、最大の敵の依頼人との戦いを描いたアクションだ。脱出不可能な刑務所、ビルの最上階にあるスカイプール、潜水艦が収納されている要塞と困難なミッションをクリアしていくビショップの緻密さクレバーさは観ていて感心してしまう。主人公のジェイソン・ステイサムのアクションも冴えスカッと魅せてくれる。不要なラブシーンやサメ除けクリームを塗っただけでサメのいる海へ飛び込んだりとちょっとツッコミたくはなるが、ハチャメチャもお得意なステイサムだけに大目にみておこう。まだまだ続編が作れそうなエンディングだったが、最後取引きしたあのフィクサーとの対決or共闘はあるのか?


評価:よくできました

原題:Mechanic: Resurrection
監督:デニス・ガンゼル
出演:ジェイソン・ステイサム、ジェシカ・アルバ、トミー・リー・ジョーンズ、ミシェル・ヨー、サム・ヘイゼルダイン、ジョン・セナティエンポ、ラータ・ポーガム、ヴィタヤ・パンスリンガム・・・他
製作国:アメリカ
配給:ショウゲート

【メカニック:ワールドミッション】
http://mechanic-movie.com/

評価・紹介No.:2016-178
スポンサーサイト
【2016/10/08 03:19】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する