[PR] 株式情報
『エル・クラン』
この“家族”に
全世界、震撼。



1983年、プッチオ家が起こした<ユ~カイな事件>の真相







家族ぐるみで身代金目的の誘拐を繰り返していたという、アルゼンチンで起こった事件を映画化したクライム・ドラマ。


1980年代のアルゼンチン。裕福なプッチオ一家は幸せに生活していたが、マルビナス戦争(フォークランド紛争)の結果、政府が転覆し、政府の情報管理官の職を失ってしまう。そんなある日、長男アレハンドロのチームメイトが誘拐される。それ以後、金持ちだけを狙った身代金目当ての誘拐事件が次々に起こるのだった・・・



ちょっと裕福な家族の稼ぎは家族ぐるみでの身代金目的の誘拐だったというアルゼンチンで実際に起こった事件を描いた実録犯罪ドラマだ。フォークランド紛争により職を失ったことからはじめた身代金目的の誘拐。それもごく普通の生活をしているように見える家族が一家でおこなっていたというのは驚きだ。計画を立て、誘拐し、家には監禁部屋を作り、身代金を用意させるため家族あてに手紙を書かせる。表の顔と裏の顔を使い分けて生活していたことが凄い。しかもそれが家族全員だというのがこれまた凄い。ドラマは逮捕されるまでなのだが、ドラマ語に語られる主人公のオヤジ(主犯)が、刑務所に入ってから弁護士の資格を取得し、出所後に弁護士となったというのがもっと驚きだ。本編が少し淡々として描かれていたので、刑務所に入ってから弁護士資格を取得するまでも描いてほしかったように思う。「隣は何をする人ぞ」という芭蕉の俳句が少し頭をよぎった・・・


評価:よくできました

原題:El Clan
監督:パブロ・トラペロ
出演:ギレルモ・フランセーヤ、ピーター・ランサーニ、リリー・ポポヴィッチ、ガストン・コッチャラーレ、ジゼル・モッタ、フランコ・マシニ、アントニア・ベンゴエチェア、ステファニア・コエッスル・・・他
製作国:アルゼンチン
配給:シンカ、ブロードメディア・スタジオ

【エル・クラン】
http://el-clan.jp/

評価・紹介No.:2016-187
スポンサーサイト
【2016/10/22 03:25】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する