[PR] 株式情報
『スター・トレック BEYOND』
未来を超えろ。

限界を超えろ。








2009年にJ・J・エイブラムス監督によってリブートされた世界的人気を誇るSFアドベンチャー・シリーズ「スター・トレック」の第3弾。


宇宙探査を続けているエンタープライズ号の艦長カークは、自分の任務への迷いが生じていた。そんな中、宇宙基地ヨークタウンに寄航したエンタープライズ号のクルーは、未知の惑星に不時着した探査船から救出を求められる。救出に向かったエンタープライズ号は、謎の異星人に襲撃され、艦は墜落し、脱出したクルーの多くが捕虜となってしまうのだった・・・



リブート・シリーズ第3弾は、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の製作で多忙となったJ・J・エイブラムス監督に代わり、「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リン製作による作品だ。艦長カークの艦長という職務に対する迷い、副艦長スポックの艦を去ろうとする想いの中、謎の異星人により艦を失い、クルーたちもバラバラとなったなか、クルーを救出し、奪われたパワーストーンを取戻すために奮闘するカークとそのクルーたちの奮闘を描いている。墜落した艦の中を走り回り、バイクアクションで魅せ、ヨークタウンでの空中戦等のハイスピード・アクションは、手を汗握るアトラクションだ。カーク、スポック、マッコイの盟友トリオとバラバラとなったクルーたちの絆も熱い。ラストのスポック大使の遺品のオリジナルシリーズのメンバー写真と、エンドロールで流れるレナード・ニモイ(スポック大使役)とアントン・イェルチン(チェコフ役)へのメッセージは涙が出た。


評価:大変よくできました

原題:Star Trek Beyond
監督:ジャスティン・リン
原作:ジーン・ロッデンベリー
出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、アントン・イェルチン、ジョン・チョー、イドリス・エルバ、ソフィア・ブテラ、ジョー・タスリム・・・他
製作国:アメリカ
配給:東和ピクチャーズ

【スター・トレック BEYOND】
http://www.startrek-movie.jp/

評価・紹介No.:2016-189
スポンサーサイト
【2016/10/26 03:39】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する