[PR] 株式情報
『手紙は憶えている』
70年前、家族を殺した
ナチスを探せ。



容疑者は4人。手がかりは1通の手紙のみ。








70年前にナチスに家族を奪われた老人が、1通の手紙を頼りに復讐の旅に出る姿を描いたサスペンス・ドラマ。


90歳のゼヴは、最愛の妻ルースが亡くなったことすら忘れるほど物忘れがひどくなっていた。ある日、彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。その手紙にはアウシュビッツ収容所で大切な家族を殺したナチスの兵士に関する情報が記されていた。犯人は、“ルディ・コランダー”という偽名を名乗って生きており、容疑者を4人まで絞り込まれていた。ゼヴは、体が不自由なマックスに代わり、1通の手紙とおぼろげな記憶だけを頼りに単身旅に出るのだった・・・



第二次世界大戦中のナチス・ドイツがユダヤ人などに対して行った大量虐殺ホロコースト。アウシュヴィッツ強制収容所で家族を殺された2人の老人が計画した家族を殺したナチス兵への復讐を描いたサスペンス・ドラマだ。主人公は体が不自由な友人に代わって手紙をもとに犯人探しの旅をするのだが、90歳という高齢なうえに認知症を患っている老人だ。はじめてのおつかいなみにおぼつかない主人公の姿を見ていると観ているほうが心配をしてしまう。中盤までは手紙を頼りにした犯人探しでやや退屈な展開なのだが、中盤以降物語が動いていく。ネタバレ厳禁なストーリーなので詳しくは語れないが、ラスト5分の展開は切なく悲しい。誰とは言えないが完璧な復讐劇に身震いがした。


評価:大変よくできました

原題:Remember
監督:アトム・エゴヤン
出演:クリストファー・プラマー、ブルーノ・ガンツ、ユルゲン・プロフノウ、ハインツ・リーフェン、ヘンリー・ツェーニー、ディーン・ノリス、マーティン・ランドー、ピーター・ダクーニャ、ジェームズ・ケイド、ソフィア・ウェルズ、キム・ロバーツ、アマンダ・スミス、ショーン・フランシス、ハワード・ジェローム、ダニエル・カッシュ、デュアン・マレー・・・他
製作国:カナダ、ドイツ
配給:アスミック・エース

【手紙は憶えている】
http://remember.asmik-ace.co.jp/

評価・紹介No.:2016-193
スポンサーサイト
【2016/11/01 02:52】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する