[PR] 株式情報
『デスノート Light up the NEW world』
あの事件から10年――
これで、すべてを終わらせる。



このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。








大場つぐみ、小畑健原作の大ヒットコミックスを実写映画化した「DEATH NOTE」。その10年後を描いた続編。


デスノートで凶悪犯を粛清し犯罪のない世界を創ろうとしたキラと、それを阻止しようとした世界的名探偵Lの対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばら撒き、世界中が大混乱に陥った。夜神総一郎が設立したデスノート対策本部は、キラ事件に精通した三島をはじめとする特別チームの捜査官たちが、真相を解明するべく奔走していた。ロシア、ウォール街、そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、Lの後継者・竜崎が加わる。地上に6冊のデスノートが存在することを突き止めた彼らは、6冊全てを回収してデスノートを封印しようとするが・・・



2006年に公開された実写映画「DEATH NOTE」2部作。キラこと夜神月と天才名探偵Lとの対決から10年後を描いた続編だ。デスノートを謎を追うデスノート対策本部の捜査官、Lの後継者、デスノートによって人生を救われたキラ信奉者が、地上にばら撒かれた6冊のデスノートの争奪戦を繰り広げる。前作のような無差別殺人の謎解き頭脳バトルではなく、力技的バトル。前作と比べると物足りなさはあるが、後半に明かされるこのバトルの真実には驚いてしまう。前作に引き続き弥海砂が登場するのだが、そのキラへの想いは非常に切なかった。ツッコミどころもたくさんあるが、争奪戦はそれなりに楽しめるのではないだろうか。新たなるデスノートのストーリーができそうなラストだったが、はたして・・・


評価:よくできました

監督:佐藤信介
原作:大場つぐみ、小畑健「DEATH NOTE」
出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈、藤井美菜、青山草太、竹井亮介、大迫一平、金田明夫、松山ケンイチ、藤原竜也、戸田恵梨香、船越英一郎、沢城みゆき、阪口大助、中村獅童、松坂桃李・・・他
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース

【デスノート Light up the NEW world】
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/

評価・紹介No.:2016-194
スポンサーサイト
【2016/11/02 02:44】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する