[PR] 株式情報
『この世界の片隅に』
昭和20年、広島・呉。
わたしは ここで 生きている。



日本中の想いが集結!100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション






第二次世界大戦中の広島県の呉を舞台に、激化していく世の中で大切なものを失いながらも、前を向いて生きていく女性の姿を描いた長編アニメーション。


昭和19年、18歳のすずは顔も見たことのない若者の妻になるために、広島市江波から軍港の街として栄える呉へとやって来る。配給物資がだんだん減っていく中、創意工夫を凝らして毎日の暮らしを懸命に守っていた。だが、戦争は激しくなり、アメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、すずの大切なものも次々と失われていく。それでも前を向いて日々を生きていくすず。そして、昭和20年の夏がやってくるのだった・・・



「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られる漫画家・こうの史代の原作を長編アニメ化した戦争ドラマ。日本海軍の一大拠点で軍港の街として栄えた第二次世界大戦中の呉を舞台に、絵を描くのが得意な女性が広島市から呉のある家に嫁ぎ、戦争により物資が少なくなっていく中、創意工夫しながら毎日を生き、大切なものも次々と失われても前を向いて生きていく姿を追ったドラマだ。少しおっとりとした主人公が、戦争という暗い世の中で義姉にちょっとびくつき、夫や幼なじみとのケンカしながら、そして戦争により大切なものが失われても前を向いて一所懸命に生きている姿は温かさが伝わってくる。戦争の悲惨さも描かれてはいるが、戦時中の創意工夫で楽しく過ごそうとする描写に心が震えた。あまりうまいと言えないが、のん(「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈)のキャラクターと主人公が非常にマッチしていたと思う。焼夷弾による空襲、不発弾の爆発、そして原爆のリアルさはやるせない気持ちになった。戦争というものについて世界の人々にも観てもらいたい映画である。


評価:大変よくできました

監督:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」
出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、牛山茂、新谷真弓、小山剛志、津田真澄、京田尚子、佐々木望、塩田朋子、瀬田ひろ美、たちばなことね、世弥きくよ、澁谷天外・・・他
製作国:日本
配給:東京テアトル

【この世界の片隅に】
http://www.konosekai.jp/

評価・紹介No.:2016-203
スポンサーサイト
【2016/11/15 03:35】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する