[PR] 株式情報
『CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章』
世界に危機が迫る時、
彼らはいつもそこにいた








9人のゼロゼロナンバーサイボーグたちが、悪の組織戦う姿を描いた石ノ森章太郎のSF漫画「サイボーグ009」の3DCGアニメ3部作の第1章。


かつて世界の平和を守るために戦い、今はアメリカのテキサスで静かに暮らしていたゼロゼロナンバーサイボーグたち。そんな彼らのもとに、ジャーナリストのルーシーが訪ねてくる。彼女は太古より人類の歴史を陰から操ってきた異能者の集団「ブレスト」が不穏な動きを見せ始めているのを察知し、亡き父から託されたブレスドの謎の鍵とされるキューブを彼らに手渡す。それを契機にブレスドちが襲撃を開始し戦いに身を投じるゼロゼロナンバーサイボーグたち。しかしその行動が失地回復のために自作自演の事件を起こしたと国連軍ガーディアンズ疑われ・・・



生みの親にして最大の敵のブラックゴーストと戦い、その後も様々な戦争や紛争で戦ってきたゼロゼロナンバーサイボーグたち。戦争や紛争を国連が組織するガーディアンズに任せ、人間としてひっそりと暮らしていたサイボーグ戦士。そんな彼らにブレスドと呼ばれる異能者集団に立ち向かうストーリーだ。第1章はその戦いへの序章的内容だ。人類の歴史を陰から操ってきたブレストがどんな集団なのかはまだ謎だが、ブレスドからの刺客と戦う9人のサイボーグ戦士の戦いは見応えがあり楽しめる。ただ3DCGは一昔前のCGゲームのようで観ていて違和感が残るのは残念。ブレスドの目的、国連軍ガーディアンズの動向、そして人間として普通の生活を送りたいサイボーグ戦士たちの悲しい戦いとその結末がどのように描かれていくかに期待したい。


評価:よくできました

総監督:神山健治
監督:柿本広大
原作:石ノ森章太郎「サイボーグ009」
出演:河本啓佑、種田梨沙、福圓美里、佐藤拓也、日野聡、乃村健次、真殿光昭、佐藤せつじ、石谷春貴、牧野由依、井上和彦・・・他
製作国:日本
配給:東宝映像事業部

【CYBORG009 CALL OF JUSTICE】
http://www.cyborg009.jp/

評価・紹介No.:2016-213
スポンサーサイト
【2016/11/28 03:23】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する