[PR] 株式情報
『L-エル-』
欲しかったのは、愛。


家族と故郷を失った少女“エル”。愛を求め、人生を彷徨う女の哀しくも美しい物語──








ロックバンドAcid Black Cherryが2015年にリリースしたコンセプトアルバムの実写映画化。愛を求めた一人の女性の数奇な運命を綴ったドラマ。


“色のない街”で生まれ育った少女エルは、両親の突然の事故死により幸せだった人生が一変する。悲しみに打ちひしがれるエルを絵描きの少年オヴェス絵を描いて励まし、二人で助け合いながら生きてきた。しかし、大人になったエルはある選択を迫られ、故郷から姿を消し、二人は離れ離れになってしまうのだった・・・



「愛」をテーマに、数奇の運命を送った一人の女性エルのストーリーを綴ったロックバンドAcid Black Cherryのコンセプトアルバムをもとに映像化した映画だ。色のない街で生まれ育った少年と少女の愛の物語なのだが、両親の死から幸せが一変し、華やかな都会で新たな人生を送ろうとするが、DV、男に騙される、妊娠流産、酒に溺れ、人を殺した親友の代わりに刑務所へ・・・と、まるで昭和のドロドロな昼ドラ展開。哀しい物語のはずなのに、失笑してしまう。色のない街、華やかな都会の風景をVFXを多用してファンタジックな映像にしようとしているのはわかるが、これもあまりにも陳腐すぎる。広瀬アリスと古川雄輝が少年少女時代から老いゆく姿まで演じるのだが、老けメイクにかなり違和感が残ってしまっている。時より挿入されるAcid Black Cherryの音楽が良かっただけに、非常に残念で、Acid Black Cherryのファンにとってもガッカリ感が残ったのではないだろうか・・・


評価:がんばろう

監督:下山天
原作:Acid Black Cherry「4thアルバム L-エル-」
出演:広瀬アリス、古川雄輝、高橋メアリージュン、平岡祐太、前川泰之、成田凌、弥尋、Mikako(FAKY)、古畑星夏、田中要次、高橋ひとみ・・・他
製作国:日本
配給:東宝映像事業部

【L-エル-】
http://acidblackcherry-movie-l.net/

評価・紹介No.:2016-221
スポンサーサイト
【2016/12/06 03:10】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する