[PR] 株式情報
『アズミ・ハルコは行方不明』
アズミハルコは、
なぜ消えたのか?








山内マリコの原作小説の映画化。地方都市を舞台に、独身のアラサー女性の行方不明事件をきっかけに、アラサー、ハタチ、女子高生の3世代の女性の生きざまを描いたドラマ。


とある地方都市の実家で両親と祖母と暮らす住む独身27歳の安曇春子。家では祖母の介護をする母のストレスが充満し、会社では社長と専務のセクハラ三昧の言葉を浴びせられる日々。そんなある日、春子は姿を消してしまう。ハタチになった愛菜は成人式の会場で中学時代の同級生ユキオをと再会し、なんとなく体の関係を持つ間柄になっていき、同級生の学ぶと三人で春子の顔とMISSINGという文字を合わせたグラフィティ・アートを拡散していく。そして街では、女子高生ギャング団による男性のみを襲う暴行事件が巷を騒がせ、その事件とグラフィティ・アートの関連が噂され・・・



突然姿を消した独身アラー女性安曇春子を中心に、ハタチになった女性と女子高生の生きざまを描く。春子の失踪を交差させながらミステリー風に描いていく。春子の実家でのストレスや会社でのセクハラ、そして失踪、愛菜たちのアズミ・ハルコのグラフィティ・アート、JKギャングたちの暴行事件というのは人が抱えたストレスからの爆発なのだろう。だが、時系列ではなく前後飛び飛びで描かれており、謎すぎてわかりにくい。特にJKギャングの行動はあまりにも意味不明だ。ストーリーは理解に苦しむが、蒼井優、高畑充希らの演技はすばらしい。特に高畑充希のウザくオバカすぎるハタチの女の子の姿は最高だ。女優陣がすばらしすぎただけに残念な気がする作品だった。


評価:がんばろう

監督:松居大悟
原作:山内マリコ「アズミ・ハルコは行方不明」
出演:蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、菊池亜希子、山田真歩、落合モトキ、芹那、花影香音、柳憂怜、国広富之、加瀬亮・・・他
製作国:日本
配給:ファントム・フィルム

【アズミ・ハルコは行方不明】
http://azumiharuko.com/

評価・紹介No.:2016-232
スポンサーサイト
【2016/12/18 03:11】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する