[PR] 株式情報
『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』
これは復讐ではない、
正義と尊厳を賭けた闘いだ



アウシュヴィッツ裁判へと繋がる
“極秘作戦”が
半世紀を経て初めて明かされる








第二次世界大戦後、アルゼンチンで逃亡生活を送ったナチス最重要戦犯アドルフ・アイヒマン捕獲のため奔走したユダヤ系ドイツ人検事フリッツ・バウアーに焦点を当てた歴史実録サスペンス。


1950年代後半の西ドイツ・フランクフルト。ナチス戦犯の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもとに、逃亡中のナチス親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているとの手紙が届く。部下の検察官カール・アンガーマンとともにアイヒマンを法廷で裁くため国家反逆罪に問われかねない危険も顧みず奔走し、アイヒマンを追い詰めていくが、同じ頃、バウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた・・・



第二次世界大戦中、ナチス・ドイツが数百万人ものユダヤ人を強制収容所へ送り大量虐殺したホロコーストの中心的人物アドルフ・アイヒマン。大戦後、逃亡したナチス最重要戦犯アイヒマンを捕まえ、ドイツで裁判をすることに執念を燃やした検事フリッツ・バウアーの姿を中心に、アイヒマンを拘束までをサスペンスフルに描いたドラマだ。執務室を一歩出れば、元ナチスの連邦検事局長やその犬など敵だらけの中、国家反逆罪と知りながらイスラエルの諜報特務庁に接触し紙一重の作戦に出たのは彼の信念が見えた。暗く地味だが、歴史の裏側を真摯に描いた内容はドイツ映画の清さを見た。


評価:大変よくできました

原題:Der Staat gegen Fritz Bauer
監督:ラース・クラウメ
出演:ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、リリト・シュタンゲンベルク、イョルク・シュッタオフ、ゼバスティアン・ブロンベルク、ミヒャエル・シェンク、ルーディガー・クリンク、ローラ・トンケ、ゲッツ・シューベルト、ダニー・レヴィ、ロバート・アツォーン・・・他
製作国:ドイツ
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム

【アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男】
http://eichmann-vs-bauer.com/

評価・紹介No.:2017-004
スポンサーサイト
【2017/01/13 03:26】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する