[PR] 株式情報
『本能寺ホテル』
私が過ごした一日は、
信長の最後の一日だった



日本史上最大の謎「本能寺の変」に迫る歴史エンターテインメント!







本能寺ホテルというホテルに泊まった女性が、ひょんなことから本能寺の変の前日にタイムスリップし織田信長や森蘭丸と交流するさまが描いた歴史ミステリー・コメディ。


恋人にプロポーズされ、彼の両親の金婚式を祝うため京都を訪れた倉本繭子は、手違いから路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。ホテルのエレベーターに乗った繭子は、いつの間にか1582年の本能寺でに迷い込んでしまう。繭子は現代と1582年を行き来しながら、織田信長や森蘭丸と交流を深めていくが、迷い込んだその日が「本能寺の変」の前日であることに気付き・・・



ホテルのエレベーターと戦国時代の本能寺とが繋がり、やりたいことがなにもない現代女性が織田信長や森蘭丸と交流を深め、織田信長の意外な人柄に惹かれ自身が成長していくというものだ。戦国時代と現代をドタバタと行き来し、織田信長と知らず説教したりする主人公の姿が非常に滑稽だ。やりたいことがなにもない主人公が、信長や蘭丸と交流・奔走し、自分自身を見つめ直しやりたいことを見つけ出すという展開はありがちだけれど清い。どちらかというと脱力系で天然キャラな綾瀬はるかの行動や言動に癒され、あまり深く考えずコメディを楽しめばよい作品だ。それにしても「プリンセス トヨトミ」といい、鈴木雅之監督は綾瀬はるかをうまく撮っている・・・。


評価:よくできました

監督:鈴木雅之
出演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【本能寺ホテル】
http://honnoji-hotel.com/

評価・紹介No.:2017-006
スポンサーサイト
【2017/01/17 02:50】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する