[PR] 株式情報
『天使にショパンの歌声を』
少女が奏でたのは、
未来の音色。



カナダ・ケベックの小さな音楽学校に、
突然訪れた廃校の危機。
音楽の力を信じて、
いま彼女たちの心は一つになる──








1960年代のカナダを舞台に、経営難で廃校の危機を迎えた寄宿制の音楽学校の女性たちが、大切な居場所を必死に守ろうとする姿を描いたヒューマン・ドラマ。


1960年代、カナダのケベックにある修道院が経営する小さな寄宿学校。音楽教育に力を入れている名門校だが、経営が苦しくなり体制を見直し始めた修道院の総長は、学校を閉鎖しようと考えていた。校長のオーギュスティーヌはこれを拒否し、自分たちで学校を守り抜くと心に誓う。そんななか、オーギュスティーヌの姪アリスが転校してくる。ピアノの才能があるアリスだったが、誰にも心を開かず問題ばかり起こすのだった・・・



廃校の危機を迎えた小さな音楽学校を舞台に、学校の閉鎖を止めるべく音楽の力で世論を味方につけようと奔走する修道女と生徒たちの姿を描いたドラマだ。カナダの美しく豊かな自然、生徒たちの美しい歌声やピアノは非常に素晴らしい。公立校ができたことで経営難になり、町の有力者はマスコミや世論を巻き込み奮闘する彼女たちの姿は、強くてたくましく感じる。ただ廃校の危機以外に描かれる、問題児な校長の姪アリス、校長の過去、校長とアリスの絆など、非常に中途半端に描かれており、廃校阻止に奮闘する女性たちのストーリーがボヤケてしまっている。物語とはややご都合主義的に描かれており非常に残念だったが、アリス役のリザンドル・メナールの吹き替えなしのピアノ演奏だけは非常に素晴らしく見惚れた。


評価:よくできました

原題:La passion d'Augustine
監督:レア・プール
原案:マリー・ヴィアン
出演:セリーヌ・ボニアー、リザンドル・メナール、ディアヌ・ラヴァレ、ヴァレリー・ブレ、ピエレット・ロビタイユ、エリザベート・トランブレ=ガニョン、マリー・ティフォ、マリー=フランス・ランベール、アンドレ・ラシャペル、ジルベール・シコット・・・他
製作国:カナダ
配給:KADOKAWA

【天使にショパンの歌声を】
http://tenshi-chopin.jp/

評価・紹介No.:2017-007
スポンサーサイト
【2017/01/18 03:20】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する