[PR] 株式情報
『恋妻家宮本』
その夫婦は、
離婚届から始まった。








重松清原作小説「ファミレス」の映画化。子供が独立し二人きりになった夫婦がどのように向き合っていくか模索する姿を描いたコメディ・ドラマ。


中学教師の宮本陽平と妻の美代子は、一人息子が結婚して家を出てしまい、夫婦ふたりきりでの生活を送ることになる。25年振りの二人きりの生活に戸惑う陽平は、本棚に隠してあった離婚届を発見する。理由が分からず動揺する陽平だったが、妻に問いただす勇気もなく、ただオロオロするばかり。悶々とした日々を過ごす陽平だったが、料理教室の仲間や教え子と関わる中で家族の在り方を見つめ直していくのだった・・・



優柔不断な夫としっかり者の妻。大学時代にできちゃった結婚し、子どもが独立し25年ぶりに夫婦だけの生活となり戸惑う中、妻が描いた離婚届を発見し動揺する夫。料理教室で仲間に相談しても妻の不倫だと言われ、学校では生徒の母が不倫で事故に遭い入院してると聞き、不安が募るばかりの小心者。妻からは結婚にむいてないと言われ、生徒からは教師にむいてないと言われる始末。ウジウジしたところにイライラとしてしまうが、自分を変えようといちおは努力しようとする姿がなぜか愛おしく思ってしまう。基本コメディなので陽平の行動等にクスッと笑わされるのだが、母が不倫した生徒に料理を教えたり、その生徒の祖母に想いを話す姿には少しウルッとさせられた。原作のタイトルが「ファミレス」なだけに、ファミレスシーンをうまくつかっていた。主人公世代以降の熟年夫婦は、夫や妻に対して少し考え方を変えたり、思いを伝えたくなるかも。笑いあり涙ありで最後はほっこりとさせられるドラマである。


評価:よくできました

監督:遊川和彦
原作:重松清「ファミレス」
出演:阿部寛、天海祐希、菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫、佐藤二朗、富司純子、入江甚儀、佐津川愛美、浦上晟周、紺野彩夏、豊嶋花、渡辺真起子、関戸将志、柳ゆり菜・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【恋妻家宮本】
http://www.koisaika.jp/

評価・紹介No.:2017-017
スポンサーサイト
【2017/02/02 03:10】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する