[PR] 株式情報
『マリアンヌ』
何度涙を流せば、
愛する妻を守れるのか。



全てが明かされた先にある、「涙」の物語。







第2次世界大戦下を舞台に、極秘任務で偽装夫婦として出会った男女が、時代に翻弄されながらも愛を貫く姿を描いたラブストーリー。


1942年、カサブランカ。極秘諜報員のマックスは、フランス軍レジスタンスのマリアンヌと夫婦を装いドイツ大使の暗殺の任務に就く。その後、、ロンドンで再会した二人は次第に惹かれ合い結婚する。可愛い娘にも恵まれ、幸せな結婚生活を送る二人だったが、マリアンヌは誰にも言えない秘密を抱えていた・・・



ある重要ミッションを遂行するために偽装夫婦として任務に就いたカナダの工作員とフランス軍の伝説的レジスタンスの女。その二人が恋に落ち結婚するも、妻に二重スパイの疑惑がかかり、無実であることを信じそれを証明しようと奔走する夫。アクションからサスペンスへと変わり、ラストは涙へと変わっていくラブストーリーだ。妻にかけられた疑惑による二人の愛に対する疑念と葛藤。マックスとマリアンヌの結末とその純愛には感涙する。ただ脚本、演出が弱いのか、なにか物足りなさを感じる。つじつまが合わない部分も多いのも残念だ。もっとサスペンスフルに描かれていればおもしろさが増したと思うのだが・・・


評価:よくできました

原題:Allied
監督:ロバート・ゼメキス
出演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、ジャレッド・ハリス、サイモン・マクバーニー、リジー・キャプラン、マシュー・グード、アントン・レッサー、アウグスト・ディール、カミーユ・コッタン、シャーロット・ホープ、マリオン・ベイリー、ティエリー・フレモン・・・他
製作国:アメリカ
配給:東和ピクチャーズ

【マリアンヌ】
http://marianne-movie.jp/

評価・紹介No.:2017-025
スポンサーサイト
【2017/02/17 03:37】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する