[PR] 株式情報
『王様のためのホログラム』
遠い遠い異国の地で気づいた。
人生は、なんとかなる!








デイヴ・エガーズのベストセラー小説の映画化。エリート人生から転落した男が見知らぬ地で再起を図ろうとするが、異文化の洗礼に見舞われながらも新たな一歩を踏み出していく姿を描いたコメディ。


大手自転車メーカーの取締役だったアランは、業績悪化の責任を問われて解任されてしまう。車も家も妻も、煙のように消えてしまった彼は、愛する娘の養育費を払うためにIT業界に転職する。一発逆転をかけてサウジアラビアの国王に最先端の3DホログラムのTV会議システムを売り込みに行くが、オフィスはただのボロテントでエアコンも壊れ、Wi-Fiもつながらず、おまけに担当者はいつも不在でプレゼン相手の国王はいつ現れるのかもわからず・・・



元大手自動車メーカーの役員だったアメリカ人の男が、サウジアラビアの国王に最先端の機器の売り込みに行くも、サウジアラビアという異国での文化の洗礼を受けトラブルに見舞われる。しかし、現地のお調子者の運転手や女性医師と交流し奇妙な友情や新たな愛が芽生えていく姿を描いたドラマだ。異文化での洗礼なのか、単にお疲れ気味なだけなのか、トラブル続きの主人公。最新鋭のTV会議システムのプレゼンにくるも、国王はおろか担当者にも会えない始末。しかし、最悪な日々もお調子者な現地運転手の男と病院で出会った現地の女医との交流により変貌していく。絆へと発展していく運転手との交流はコミカルでホッコリとさせられる。一方、女医とはラブロマンスへとつながるのだが、必要だったかは疑問。異文化ネタに笑って再生していくほうがよかったのではないかと思え非常に残念思えた。


評価:がんばろう

原題:A Hologram for the King
監督:トム・ティクバ
原作:デイヴ・エガーズ「王様のためのホログラム」
出演:トム・ハンクス、アレクサンダー・ブラック、サリタ・チョウドリー、シセ・バベット・クヌッセン、ベン・ウィショー、トム・スケリット・・・他
製作国:アメリカ
配給:ポニーキャニオン

【王様のためのホログラム】
http://hologram-movie.jp/

評価・紹介No.:2017-026
スポンサーサイト
【2017/02/21 03:24】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する