[PR] 株式情報
『一週間フレンズ。』
7日間しか
記憶がもたない君を
僕は好きになった。



他記憶障害を乗り越えて“好き”を重ねていく2人の、今世紀いちばん泣ける純愛ストーリー。







葉月抹茶原作の人気コミックスの実写映画化。一週間で友達の記憶を失くしてしまう女子高生と、そんな彼女にひたむきに想い続けるクラスメートの男子が織り成す恋模様を描いた青春ラブ・ストーリー。


高校2年生の長谷祐樹は、初めて会った日から惹かれていた同級生の藤宮香織に「友達になって下さい」と声をかけるが、断られてしまう。実は彼女は一週間で友達の記憶を忘れてしまうという記憶障害があった。それでも香織のそばにいたいと願う祐樹は、月曜日になるたびに香織に声をかけ、やがて二人は交換日記を始め、少しずつ距離を縮めていく。そんなある日、香織の過去を知る男子生徒が転向してきて・・・



テレビアニメ化や舞台化もされた葉月抹茶の人気コミックスを実写化した映画だ。一週間で友達の記憶を失くしてしまう女子と、そんな彼女に一目惚れし毎週彼女と友達になろうと決めた男子のピュアなラブ・ストーリー。“友達だけ”の記憶が失うという記憶モノでツッコミどころは満載なのだが、香織のことを想い続け彼女の記憶を失くさないように必死に声をかけ、記憶を継続させるためにと考えた交換日記をする祐樹の姿に胸が熱くなる。記憶障害のためお互いが嫌な思いをしないためにクラスメートとの交流を避ける香織の姿は切ない。毎週月曜日に「友達になって下さい」と声をかける山崎賢人の笑顔と、祐樹が分厚い本に描いたパラパラ漫画が非常に印象に残った。心をピュアに持って観れば、泣けるかもしれない映画である。


評価:よくできました

監督:村上正典
原作:葉月抹茶「一週間フレンズ。」
出演:川口春奈、山崎賢人、松尾太陽(超特急)、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、伊藤沙莉、甲本雅裕、国生さゆり、岡田圭右(ますだおかだ)、岩瀬亮、戸次重幸・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【一週間フレンズ。】
http://ichifure.jp/

評価・紹介No.:2017-030
スポンサーサイト
【2017/02/25 03:05】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する