[PR] 株式情報
『きょうのキラ君』
わたし、365日、
キラ君と一緒にいます。



初めて恋に落ちたのは、学校一のイケメン“キラ君”。
しかし彼には、誰にも言えない秘密があった――。







「別冊フレンド」に連載された、みきもと凜原作の大ヒット恋愛漫画の実写映画化。クラスの人気者の男子とコミュニケーションが苦手な暗い女子の恋の行方を描いた青春ラブ・ストーリー。


クラスの人気者で学校一のモテ男“キラ”に恋をした他人と関わることが苦手な“ニノ”。キラの重大な“秘密”を知ったことから2人は急接近する。秘密を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノ。同級生の矢部、キラの幼馴染の澪も加わり、かけがえのない“365日”がはじまのだが・・・



学校一のモテ男に恋した他人とのコミュニケーションが苦手な変わり者の女の子。余命1年の宣告をされた彼が笑顔でいられるよう、365日ずっと一緒にいると決意する彼女の奮闘と成長を描いた青春ラブ・ストーリーだ。キラのために誕生日パーティーを計画したりするニノの姿がいじらしく、暗かったニノや矢部を明るい性格に変えたキラの人柄は顔と同じくイケメン。観ているほうが恥ずかしくなるくらいにキュンキュンに描かれているのは青春モノとしては王道である意味清い。ただ、ニノがキラに恋した理由や彼女へのイジメ等があやふやで、薄っぺらいストーリーになっているのは残念だ。中高生の女子がターゲットだけにその年代にはウケる内容だが、それ以外はドン引きしてしまいそうだ。キラ役の中川大志のイケメン笑顔とニノ役の飯豊まりえの可愛らしさが前面に出ており、二人のファンにとっては必見の胸がキュンキュンする映画である。


評価:がんばろう

監督:川村泰祐
原作:みきもと凜「きょうのキラ君」
出演:中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈、岡田浩暉、三浦理恵子、安田顕、川上洋平([Alexandros])、高橋茂雄(サバンナ)・・・他
製作国:日本
配給:松竹メディア事業部

【きょうのキラ君】
http://kirakun.jp/

評価・紹介No.:2017-036
スポンサーサイト
【2017/03/03 03:01】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する