[PR] 株式情報
『アサシン クリード』
歴史の迷宮に潜り込め。






世界的大ヒット・アクションゲーム「アサシン クリード」の実写映画化。遺伝子操作により祖先の記憶を呼び覚まされた男が、歴史に隠された多くの謎に挑む姿を描いたアクション・アドベンチャー。


人間の自由意思をコントロールできるという“エデンの果実”を巡り、「テンプル騎士団」と「アサシン教団」の間では、長年争いが繰り広げられてきた。2016年、記憶をなくした死刑囚のカラムは、謎の施設で遺伝子操作によりDNAに眠る祖先の記憶を追体験し、自分の祖先がアサシン教団の伝説のアサシンだったことを知る。現在と過去を行き来する中で、カラムは自身の遺伝子に秘められた、人類の歴史を変えるある秘密を知るのだった・・・



記憶をなくした一人の囚人が謎の組織により開発された遺伝子に刻まれた記憶を辿ることができる特殊な装置により祖先の記憶を追体験し、アサシン(暗殺者)へと覚醒していく姿を描いたアクション・アドベンチャー。ルネサンス期のスペインと現代を行き来しながら禁断の果実の秘密を求め、アサシンへと覚醒していくストーリーだ。アサシン・アクションは見ていて凄い。しかし、内容の薄いストーリーに終始暗い映像は眠気に誘われてしまう。アクションゲームが原作なのだが、ゲーム要素がまったくなく面白さに欠けているのも残念だ。クライマックスではいきなり覚醒し仲間たちと戦うのだが、あまりにも謎すぎることが多く唖然としてしまった。ゲームはシリーズ化しているようだが、映画のほうははたしてシリーズ化されるのか・・・?


評価:がんばろう

原題:Assassin's Creed
監督:ジャスティン・カーゼル
原案:ユービーアイソフト「アサシン クリード」
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ、ブレンダン・グリーソン、シャーロット・ランプリング、マイケル・K・ウィリアムズ、ドゥニ・メノーシェ、アリアーヌ・ラベド、ハリド・アブダラ、エシー・デイヴィス、マティアス・ヴァレラ、カラム・ターナー、カルロス・バルデム、ハビエル・グティエレス、ホヴィク・ケウチケリアン、ブライアン・グリーソン・・・他
製作国:イギリス、フランス、アメリカ、香港
配給:20世紀フォックス

【アサシン クリード】
http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/

評価・紹介No.:2017-040
スポンサーサイト
【2017/03/13 03:26】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する