[PR] 株式情報
『ゴースト・イン・ザ・シェル』
私を作った奴らに
私を止めることはできない








士郎正宗原作のSF漫画「攻殻機動隊」のハリウッド実写映画化。


電脳ネットワークと肉体の義体化が高度に発達した近未来。捜査組織公安9課に属する脳以外は全身義体の世界最強の捜査官の活躍を描いたSFアクション。


電脳ネットワークと肉体の義体化が高度に発達した近未来。悲惨な事故から脳以外は全て義体となって死のふちからよみがえった公安9課最強の捜査官の少佐は、凶悪なサイバーテロ犯罪に立ち向かっていた。ある日、ハンカ・ロボティックス社の関係者が何者かに襲われる事件が発生する。バトー、トグサら公安9課のメンバーとともに事件を捜査を進める少佐の前に、クゼという凄腕のハッカーの存在が浮かび上がってくる。事件の真相を追っていく中、少佐は自分の記憶が何者かによって操作されていたことに気付くのだった・・・



士郎正宗の原作で、押井守監督や神山健治監督によりアニメ化された「攻殻機動隊」。脳とわずかな記憶以外は全て義体の世界最強の捜査官の少佐(草薙素子)が、サイバーテロを捜査していくうちに自分の記憶に疑問を持ち、失われていた過去の記憶を取り戻すというストーリーだ。ブレードランナーっぽい気はするが、原作のオマージュは感じられる。ただ、世界最強の捜査官という設定のわりには最強感がまったくないのはちょっとガッカリ感が残る。また、少佐がやたら服を脱いだ義体姿を見せるのだが、ツクリモノ感満載なのも萎えてしまう。しかし、少佐役のスカーレット・ヨハンソンはアベンジャーズのブラック・ウィドウでアクションを魅せているだけに、その辺りは違和感なく見ることができる。ビートたけし演じる荒巻のみ日本語だったりとツッコミどころは多いが、その辺りはご愛嬌というところか。冒頭より「少佐」としか呼ばれないのだが、後半に名前に関する謎が解明されとりあえずはスッキリ、そして少しウルッとさせられた。日本のオリジナルと比較するとガッカリしてしまうが、似て非なるものとして観ればそれなりにおもしろいかもしれない。


評価:よくできました

原題:Ghost in the Shell
監督:ルパート・サンダース
原作:士郎正宗「25年目の「攻殻機動隊」
出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・カルメン・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュ、ラザラス・ラトゥーリー、ダヌーシャ・サマル、泉原豊、タワンダ・マニーモ、ピーター・フェルディナンド、ピート・テオ、福島リラ、桃井かおり・・・他
製作国:アメリカ
配給:東和ピクチャーズ

【ゴースト・イン・ザ・シェル】
http://ghostshell.jp/

評価・紹介No.:2017-060
スポンサーサイト
【2017/04/13 02:21】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する