[PR] 株式情報
『夜は短し歩けよ乙女』
こうして出逢ったのも、何かのご縁。







森見登美彦の原作小説のアニメ映画化。京都を舞台にさえない先輩男子大学生と後輩女子大学生の恋の行方を描いた青春恋愛ファンタジックコメディ。


クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は、今日も「なるべく彼女の目に留まる」よう“ナカメ作戦”を実行する。京都の街で、個性豊かな仲間たちが巻き起こす珍事に巻き込まれながら季節はどんどん過ぎてゆくが、黒髪の乙女との関係は外堀を埋めるばかりでなかなか進展させられずにいた・・・



第20回山本周五郎賞を受賞し、2007年本屋大賞では第2位に輝いた森見登美彦の原作小説「夜は短し歩けよ乙女」。京都を舞台に、京都の四季とさえない男子学生とのその後輩女子の恋の行方を描いたアニメだ。黒髪の乙女への想いが強く、ナカメ作戦(なるべく彼女の目に留まる)にてさりげなく彼女にアピールするのはほぼストーカーなのだが、天然なのか好奇心旺盛で酒豪な後輩とのギャップは滑稽だ。しかし各逸話が変な奴の集まりすぎであまり笑えない。ミュージカル調の演出などもおもしろさに欠け、逆に寒く思える。京都のながれゆく四季を背景にしているのだが、京都らしさも四季の美しさもないのは残念だった。アニメより実写のほうが美しくおもしろかったのではないかと筆者は思ってしまった。昨年、大ヒットしたドラマ「逃げ恥」に出演していた星野源の芸達者ぶりは素晴らしかったのだが・・・


評価:がんばろう

監督:湯浅政明
原作:森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」
出演:星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次(ロバート)、中井和哉、甲斐田裕子、吉野裕行、新妻聖子、諏訪部順一、悠木碧、檜山修之、山路和弘、麦人・・・他
製作国:日本
配給:東宝映像事業部

【夜は短し歩けよ乙女】
http://kurokaminootome.com/

評価・紹介No.:2017-063
スポンサーサイト
【2017/04/17 02:55】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する