[PR] 株式情報
『追憶』
会いたくても、
会えなかった、
愛する人へ――



刑事、被害者、容疑者として、
25年ぶりに再会した幼なじみの3人。
彼らには誰にも言えない
過去があった







一つの殺人事件をきっかけに25年ぶりに再会した幼なじみの3人が、心の奥底に封印してきた忌まわしい過去と対峙していく姿を描いたヒューマン・サスペンス。


ある日、富山県の漁港で殺人事件が発生する。被害者は、捜査に当たる四方篤刑事の幼なじみだった。容疑者として浮上した田所啓太もまた幼なじみ。三人は少年時代、それぞれに親に捨てられ喫茶「ゆきわりそう」を営む仁科涼子と常連客の山形光男の世話になっていた。しかし、ある事件をきっかけに、その幸せは終わった。無実を信じる四方の問いかけにも、田所は固く口を閉ざし・・・



少年時代、親に捨てられ共に暮らしていた3人。ある事件がきっかけで離れ離れとなった3人が、刑事、被害者、容疑者として25年ぶりに再会する。殺された男の犯人捜しをするというストーリーではなく、昭和と平成を交錯させながら、3人が離れ離れとなるきっかけとなった過去の事件と、その過去の秘密に向き合う姿を描いたドラマだ。過去の出来事はかなり切ないのだが、殺人事件をはじめとしたストーリーは薄っぺらく退屈感を覚えてしまう。刑事の行動には疑問が残り、被害者を殺した犯人についてもあっさりしすぎでがっくりとしてしまった。映画の内容より、日本海、立山連峰、能登半島に沈む夕陽といった美しい風景のほうが印象に残ってしまったのは残念だ。


評価:よくできました

監督:降旗康男
原案:青島武、瀧本智行
出演:岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、矢島健一、北見敏之、安田顕、三浦貴大、高橋努、渋川清彦、りりィ、西田尚美、安藤サクラ、吉岡秀隆・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【追憶】
http://tsuioku.jp/

評価・紹介No.:2017-076
スポンサーサイト
【2017/05/11 02:27】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する