[PR] 株式情報
『笑う招き猫』
27才、出会って7年、コンビ組んで5年。
笑っちゃうほど泣ける青春〈しゃべくり〉ムービー。







第13回小説すばる新人賞を受賞した山本幸久原作小説の映画化。コンビを組んで5年の売れない27歳の女漫才師コンビが、何度も衝突し挫折しながらも女の友情のもと夢を諦めずに奮闘する姿を描いた青春ガールズムービー。


高城ヒトミと本田アカコは、「アカコとヒトミ」という結成5年目の売れない女漫才師。小さな劇場で常連客に漫才を披露する日々を送っていた。そんなある日、ネタ合わせをしている河川敷で、ヒトミの自転車を盗もうとしている中学生を捕まえてから、二人の冴えない運命が回り始める。バラエティー番組出演が決まったり、漫才師として売れる兆しが見えてきた二人だったが・・・



27歳の売れない女漫才コンビ・アカコとヒトミ。それぞれに葛藤を抱え、夢を諦めずに奮闘して成長をしていくというドラマだ。しょっちゅう喧嘩しては解散の危機をむかえる二人。しかし、腐れ縁のような友情と夢を諦めずに奮闘する二人の姿はほっこりとする。イジメられてる中学生や社会人になって冴えない大学時代の旧友が、彼女たちに巻き込まれ成長する姿は、勇気を与えられる。主役の清水富美加と金髪の松井玲奈の漫才シーンは息ぴったりで、女漫才コンビそのものでネタもおもしろい。アカコとヒトミの二人の姿に、元気をもらえたような気がした。清水富美加の引退騒動で公開が危ぶまれたが、お蔵入りにならずによかった・・・


評価:よくできました

監督:飯塚健
原作:山本幸久「笑う招き猫」
出演:清水富美加、松井玲奈、落合モトキ、荒井敦史、浜野謙太、前野朋哉、稲葉友、那須晃行(なすなかにし)、中西茂樹(なすなかにし)、犬飼直紀、森田想、諏訪太朗、岩井堂聖子、嶋田久作、市川しんぺー、中村倫也、角田晃広(東京03)、菅原大吉、岩松了、戸田恵子・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【笑う招き猫】
http://waramane.jp/

評価・紹介No.:2017-077
スポンサーサイト
【2017/05/12 03:09】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する