[PR] 株式情報
『カフェ・ソサエティ』
ひとりの男と
ふたりのヴェロニカ







1930年代のハリウッド黄金時代を舞台に、平凡な青年が華やかな世界に飛び込み2人のヴェロニカに出会い恋をし成長していく姿を描いたロマンティック・コメディ。


1930年代、ニューヨークに暮らす平凡な青年ボビーは、映画業界のエージェントとして大成功を収めた叔父フィルを頼ってハリウッドにやってくる。フィルのもとで働くこととなったボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を考える。しかし、彼女には交際中の別の男性が・・・



カフェ・ソサエティ(Cafe Society)とは、高級レストランや高級クラブの常連のこと。1930年代の黄金時代ハリウッドとニューヨークが舞台。冴えない青年が、映画業界で成功を収めた叔父のところで日々パーティーを開く華やかな世界で修行し、ニューヨークでナイトクラブをはじめ、夜の華やかな世界で成功するサクセスストーリーと、ヴェロニカという2人の女性と恋をするといったストーリーだ。華やかな世界を映し出ししているが華やかさもなくストーリーとしては平凡すぎる。2人のヴェロニカとの恋も、キュンとすることもなく、また叔父の秘書ヴォニーとの三角関係はサラッとして過ぎてこれまた平凡だ。ギャングの兄の悪行は、ストーリーとは関係なく、何をしたかったのか意味不明だ。
もう少し笑えてトキメク恋のストーリーを観たかった。


評価:がんばろう

原題:Cafe Society
監督:ウッディ・アレン
出演:ジーニー・バーリン、スティーヴ・カレル、ジェシー・アイゼンバーグ、ブレイク・ライヴリー、パーカー・ポージー、クリステン・スチュワート、コリー・ストール、ケン・ストット・・・他
製作国:アメリカ
配給:ロングライド

【カフェ・ソサエティ】
http://movie-cafesociety.com/

評価・紹介No.:2017-079
スポンサーサイト
【2017/05/15 02:46】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する