[PR] 株式情報
『ちょっと今から仕事やめてくる』
僕に勇気をくれたのは、
得体の知れないヤマモトでした。







第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海の原作小説の実写映画化。ブラック企業で働き心身共に疲弊した新人サラリーマンが、幼なじみを名乗る男と出会い、人生を見つめ直していく姿を描いたヒューマン・ドラマ。


ブラック企業で働く青山隆は、精神的に追い詰められ意識を失い倒れかけ電車にはねられそうになる。そのとき隆は、幼なじみのヤマモトに救われる。隆はヤマモトのことを思い出せないでいたが、陽気なヤマモトと出会い交流していくうちに、本来の明るさを取り戻し、仕事の成績も次第に上がってゆく。そんなある日、ヤマモトについて調べると、なんと3年前に自殺していたことを知る・・・



ブラック企業、パワハラ、長時間労働、自殺といった現代社会における会社の闇をテーマにした北川恵海原作の小説「ちょっと今から仕事やめてくる」。上司からのパワハラやノルマ達成に追い詰められた新人サラリーマンが、幼なじみを名乗る謎の青年と出会い交流していくことで人生を見つめ直し本来の自分自身を取り戻していくという物語だ。ストーリー自体は単純明快で、上司からのパワハラ、プレッシャーの日々は本人も辛いだろうが観ているほうも辛い。そんな中で偶然出会ったアロハ姿のヤマモトに振り回されながら明るさを取り戻していく主人公の姿にホッとしてしまう。また、ヤマモトにより大切に思ってくれる人のことに気づかされる姿には涙腺が緩んでしまう。主人公以外に、先輩社員が上司のプレッシャーに耐えられずに起こしてしまった真実と苦悩は可哀想に思えた。今春入社した若者は5月病が発症する季節。そんな彼らにはタイムリーなネタで、吉田鋼太郎演じる営業部長は恐怖と嫌悪が交差にしたに違いない。ヤマモトの本当の正体は幽霊ではないのだが、その謎明かしが若干間延びして描かれていたのは惜しい気がした。ブラック企業に勤めたり上司のパワハラに耐えられそうにない人は必見の映画で、光明が見えるかもしれない。


評価:大変よくできました

監督:成島出
原作:北川恵海「ちょっと今から仕事やめてくる」
出演:福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、森口瑤子、池田成志、小池栄子、吉田鋼太郎・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【ちょっと今から仕事やめてくる】
http://choi-yame.jp/

評価・紹介No.:2017-089
スポンサーサイト
【2017/06/01 01:30】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する