[PR] 株式情報
『LOGAN/ローガン』
少女と刻んだ、
最後の爪跡。







マーベル・コミックのアメコミ「X-メン」シリーズの人気キャラクター「ウルヴァリン」を主人公としたシリーズ第3弾。


ミュータントの大半が死滅した2029年。長年の激闘で治癒能力を失いつつあるローガン。彼は、雇われリムジンの運転手として日銭を稼ぎながらメキシコ国境近くの廃工場でひっそりと暮らしていた。そんなある日、ガブリエラと名乗る女が現れ、ローラという謎めいた少女をノースダコタまで送り届けてほしいと頼まれる。組織に追われているローラを保護することになったローガンは、チャールズを伴いノースダコタをめざし逃走するのだが・・・



「X-メン」シリーズ外伝となる「ウルヴァリン」シリーズ第3弾で、ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンのラストとなる作品だ。ミュータントの大半は死滅し、X-MENは伝説となってしまった近未来。治癒能力が弱まり、老化が進行していくウルヴァリンことローガン。アルツハイマー病を患ったX-メンを創設したプロフェッサーXことチャールズを匿いながら死を待ちながら細々と生活を送っている姿は非常に切ない。そんな中、保護することになったローラという謎めいた少女と出会い逃亡の旅をする。アクションを魅せるのではなく、子育てとは無縁だったローガンが粗暴な少女に戸惑いながらも守る姿は、人間味あふれている。人間としてのローガンを前面に出した内容は、胸にグッとくるものがある。不死身のローガンの姿をもっと見ていたかったが、これで最後だと思うと感慨深いものがある。ヒューマンドラマ、そしてアクションと最高のローガンを堪能できる映画である。ありがとう、ローガン・・・


評価:大変よくできました

原題:Logan
監督:ジェームズ・マンゴールド
原案:ジェームズ・マンゴールド
出演:ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、リチャード・E・グラント、ボイド・ホルブルック、スティーヴン・マーチャント、ダフネ・キーン・・・他
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス

【LOGAN/ローガン】
http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie/

評価・紹介No.:2017-091
スポンサーサイト
【2017/06/05 02:28】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する