[PR] 株式情報
『花戦さ』
花で暴君を討つ! その秘策とは?


けったいな男の
仰天世直し術。







鬼塚忠の原作時代劇小説の映画化。戦国時代末期の京都を舞台に、実在した花僧・池坊専好が、時の天下人・豊臣秀吉に花で挑んだ姿を描いた時代劇。


戦国時代の京都。花僧の池坊専好は、権力者・織田信長の御前で前代未聞の巨大な松を活け、信長から賞讃を受ける。その場で、若き豊臣秀吉、前田利家、千利休に出会う。運命の出会いから十数年、信長が本能寺の変で倒れ、豊臣秀吉が天下人として世に君臨していた。秀吉による圧政が人々を苦しめ、専好の友であった千利休も死に追いやられる。暴君と化した秀吉に対し、専好は民のため、友のために立ち上がるのだった・・・



暴君と化した天下人・豊臣秀吉VS.実在した花僧・初代池坊専好自害に追いやられた友の千利休やあらぬ罪で殺されてしまった近所の民の仇を討つため、戦いを挑む。戦いを挑むといっても刀や鉄砲ではなく、生け花でギャフンと言わしめる。主役が狂言師の野村萬斎だけに、ユーモラスに描かれた内容はコミカルで笑ってしまう。花僧らしく、川辺の死体に花で弔う姿は、清らかな気持ちになる。どこまでが史実でどこまでが脚色かはわからないが、専好の生きる姿は前向きな気持ちにさせてくれる。しかし、専好の常なほどの物覚えの悪さには萎え、ブツギレで散漫なストーリーには退屈な気持ちになってしまった。専好に助けられた画才のある娘のエピソードなどは、あまりにも中途半端。野村萬斎が主役なだけに完全コメディでもよかったような気がして、で非常に残念に思えた。


評価:がんばろう

監督:篠原哲雄
原作:鬼塚忠「花戦さ」
出演:野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、高橋克実、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作、竹下景子・・・他
製作国:日本
配給:東映

【花戦さ】
http://www.hanaikusa.jp/

評価・紹介No.:2017-096
スポンサーサイト
【2017/06/10 02:12】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する