[PR] 株式情報
『22年目の告白-私が殺人犯です-』
すべての国民が、
この男に狂わされる。







時効を迎えてしまった連続殺人事件の犯人と名乗る男が告白本を出版したことから、被害者遺族や警察、マスコミを巻き込み新たな事件が巻き起こる様を描いたサスペンス・ドラマ。


かつて残忍な手口で5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然名乗り出し、告白本の出版会見を行った。曾根崎雅人と名乗る男は、顔を晒し、肉声で告白し、本はベストセラーとなり、一躍時の人になっていく。しかしその告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった・・・



2012年のチョン・ビョンギル監督の韓国映画「殺人の告白」をリメイクしたサスペンス・ドラマ「22年目の告白-私が殺人犯です-」。時効となった連続殺人事件の犯人が突然姿を現し告白本を出版したことで、被害者遺族、警察、マスコミ、そして世間を巻き込む。何のために名乗り告白本を出版したかは後半に解き明かされるが、ネタバレ厳禁なので書き控えるが、被害者遺族の感情を逆なで、警察を挑発する行動には嫌悪感も覚えるが、そのドキドキな感じのストーリーに引き込まれていく。殺人犯の告白本のサイン会に群がる人々の姿にはツッコミたくはなるが、芸能スキャンダル等を好む人々の曾根崎に対する興味というはこうなるのかもしれない。後半の展開はやや失速した感があり、また全体的にツッコミたくなるような粗があったのは残念だ。ラストがもう少しドロドロしたイヤミスのような展開だったらおもっと面白かったのではないだろうか・・・


評価:よくできました

監督:入江悠
原案:「殺人の告白」チョン・ビョンギル
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル・・・他
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース

【22年目の告白-私が殺人犯です-】
http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/

評価・紹介No.:2017-099
スポンサーサイト
【2017/06/15 02:01】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する