[PR] 株式情報
『ライフ』
人類の
夢も未来も
砕かれる



その<生命体(ライフ)>は 人間を餌に 進化する――。







国際宇宙ステーションを舞台に、6人の宇宙飛行士が無重力空間で火星で採取した未知なる地球外生命体の脅威による恐怖を描いたサスペンス・ホラー。


ISS(国際宇宙ステーション)では6人の宇宙飛行士が活動していた。彼らは、火星から帰還した探査機が採取したサンプルの中に、未知の生命体を発見し、“カルビン”と名付けられる。カルビンは想像を超えるスピードで進化・成長し、高い頭脳を持つようになる。世紀の大発見に興奮するクルーたちだったが、やがてカルビンにより恐怖へと追い詰められていくのだった・・・



火星で採取したアメーバのような微生物。やがて成長し宇宙ステーションのクルーが襲われ、その地球外生命体により脅威にさらさせないよう地球へ行かせないミッションを開始するといったストーリーだ。密閉された空間で地球外生命体に襲われるといえば「エイリアン」シリーズを連想させられるがストーリー的にはほぼ同じだ。最初はピグミンのような微生物で研究・育成していく過程で、やがてタコ(ヒトデ?)のような生物へと成長し人間を襲い始める。一人一人と殺されていくサバイバル・パニック。最後は「ゼロ・グラビティ」的な展開へと進むのだが、その結末は自身の目で確認してもらいたい。どうしても「エイリアン」シリーズと比較をしてしまう内容で、目新しさがないところが惜しいと感じてしまった。


評価:よくできました

原題:Life
監督:ダニエル・エスピノーサ
出演:ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、真田広之、アリヨン・バカレ、オルガ・ディホヴィチナヤ・・・他
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【ライフ】
http://www.life-official.jp/

評価・紹介No.:2017-117
スポンサーサイト
【2017/07/13 02:47】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する