[PR] 株式情報
『銀魂』
宇宙一バカな侍だ、
コノヤロー!!



笑って、泣いて、アツくなる、天下無敵の痛快エンターテインメント!







週刊少年ジャンプに連載中でアニメも大ヒットの空知英秋原作コミックスの実写映画化。宇宙人によって鎖国を解かれたパラレルワールドな江戸末期を舞台に、万事屋を営む侍・坂田銀時とその仲間たちの活躍を描いたアクション・時代劇・コメディ。


江戸時代末期、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途を辿っていた。かつて攘夷志士として天人と戦い「白夜叉」と恐れられた坂田銀時は、刀を木刀に変え、廃れた剣術道場の息子・志村新八と戦闘種族である夜兎(やと)族の少女・神楽と共に万事屋を営んでいた。そんなある日、かつての同志・桂小太郎が消息不明になり、高杉晋助が挙兵し幕府の転覆を企んでいるという知らせが入る・・・



アニメも大ヒットの週刊少年ジャンプに連載中の「銀魂」を、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「HK 変態仮面」の福田雄一監督により実写した映画。宇宙人に支配された江戸時代末期を舞台に、主人公・坂田銀時のかつての同志・桂小太郎の失踪にからむ謎の辻斬り事件の顛末を描くストーリーだ。前半は「カブト狩り」、中盤以降は名作「紅桜篇」をベースとしている。前半は完全ギャグ路線で笑わせ、紅桜篇パートでは笑いとシリアスを交錯させながらの人情ドラマになっている。原作のギャグに福田監督のユルユルギャグをかぶせ、赤い角のロボのような出しちゃいけないパロディを入れたコメディパートは非常に笑える。一方、アクション監督、チャン・ジェウクによるアクションもなかなかアツい。一部のファンからはコスプレと言われそうだが、キャストのビジュアルもマンガの世界から飛び出てきたみたいでなりきり度はかなり高めだ。原作やアニメのファンの一部からはブーイングが起こりそうだが、笑って、泣いて、アツくなれる映画だ。個人的には、お登勢さんやキャサリンが登場(あのキャストで)しなかったのは残念だった。


評価:大変よくできました

監督:福田雄一
原作:空知英秋「銀魂」
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、山田孝之、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛・・・他
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース

【銀魂】
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

評価・紹介No.:2017-121
スポンサーサイト
【2017/07/19 02:18】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する