[PR] 株式情報
『君の膵臓をたべたい』
ラスト、きっとこのタイトルに涙する。







住野よるの原作ベストセラー小説の実写映画化。重い膵臓の病を患う女子高生と、彼女の病気を知ってしましたクラスメイトの男子との心の交流を描いた青春ラブストーリー。


高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】。彼は教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然みつけたことから、桜良と一緒に過ごすようになる。明るく前向きに生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年、結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子も、桜良のことを思い出していた・・・



膵臓の病で余命わずかなクラスの人気者の女子高生と、他人に興味がなくいつも本ばかり読んでいる地味なクラスメイトの男の子が交流し成長していく姿を描いたドラマだ。膵臓の病気ということで余命モノのように思えるが、お涙頂戴のドラマではない。性格の正反対な二人が交流していく中で、相手が持っている自分の欠けている部分を見つめ、憧れ、心通わせながら成長していくといった内容だ。ちょっとワガママかなと思える桜良に振り回されながらも彼女のことを思い、一緒にいたいと心から思える数か月の出来事が純粋で美しい。文学っぽいが、桜良が【僕】に語る台詞も共感した。闘病に苦しむ描写や、キスや抱擁といったラブロマンス描写がないところは、非常に純粋でなにかドキドキとしてしまった。現在(12年後)と過去を交差しながら物語が進んでいくのだが、大人パートの必要性が感じられなかったのは少し残念に思えた。浜辺美波、北村匠海の若手俳優が初々しくもキラキラした演技がストーリーと非常にマッチしており、最後は爽やかな気持ちになった。


評価:大変よくできました

監督:月川翔
原作:住野よる「君の膵臓をたべたい」
出演:浜辺美波、北村匠海(DISH//)、大友花恋、矢本悠馬、桜田通、森下大地、上地雄輔、北川景子、小栗旬・・・他
製作国:日本
配給:東宝

【君の膵臓をたべたい】
http://kimisui.jp/

評価・紹介No.:2017-129
スポンサーサイト
【2017/08/02 02:08】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する