[PR] 株式情報
『東京喰種 トーキョーグール』
守るために、
闘う――







石田スイ原作の人気コミックの実写映画化。人を喰らう喰種(グール)が潜む東京を舞台に、ある事故がきっかけで半喰種となった青年の運命を描いたホラー・アクション。


人の姿をして人を喰らう怪人“喰種(グール)”が潜む東京。ある日、平凡な大学生カネキは喰種のリゼに襲われ瀕死の重傷を負う。病院に運び込まれたカネキは、事故で死んだリゼの臓器を移植され一命を取り留めるが、人肉以外を受け付けない半喰種になってしまう。喰種化したことで苦悩するカネキは、喰種が集まる喫茶店あんていくで働き始める。喰種である店長やアルバイトのトーカと交流を重ね喰種たちのことを深く知るカネキ。そんな中、喰種を駆逐しようとするCCGとの戦いに巻き込まれていくのだった・・・



姿かたちは人間と同じだが、人間を食べて生きている怪物・喰種(グール)。事故により喰種の臓器を移植された青年が、半喰種となってしまったことで苦悩しながら、喰種の仲間たちと交流していき、喰種の事情等を知りどう向き合っていくかを模索する姿を描いたドラマだ。水とコーヒーと人の肉以外の食べ物は不味くて食べられず、半端ない空腹に襲われるも、人を襲わずひっそり生きていくために「あんていく」に集う喰種の姿は非常に切なさを感じる。もともと人間だったことから人を食べることができないカネキの苦悩と、喰種になったことを知らない大学の友人との描写も暖かさと切なさの交差が心に沁みてくる。人を捕食する喰種を駆逐する人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いは、CGと生身アクションがうまく融合され見応えがある。ただ、喰種駆逐のため非常なまでの行動をとる人間側の捜査官の事情があまり明確に描写されておらず少し疑問が残る。ところどころグロいシーンもあるが、テンポよく進んでいき退屈なく観賞できる。この先の展開が気になるところだが、キャストの諸事情などもあり続編は製作されるのだろうか・・・?


評価:よくできました

監督:萩原健太郎
原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」
出演:窪田正孝、清水富美加、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、村井國夫、小笠原海、白石隼也、相田翔子、柳俊太郎、坂東巳之助、佐々木希、浜野謙太、古畑星夏、前野朋哉、ダンカン、岩松了・・・他
製作国:日本
配給:松竹

【東京喰種 トーキョーグール】
http://tokyoghoul.jp/

評価・紹介No.:2017-130
スポンサーサイト
【2017/08/09 02:23】 映画評価 |
| ホーム |

ブログランキング ドット ネット

カウンター

プロフィール

よゆ☆ぽんジュースな管理人

Author:よゆ☆ぽんジュースな管理人
映画批評です。


リンクはフリーですので、ご自由にどうぞO(≧▽≦)O

舞妓Haaaan!!!

映画館リンク

このブログをリンクに追加する